薬剤師の求人で年収をアップさせるなら

安定した仕事に就きたいと望む人が多い世の中です

安定した仕事に就きたいと望む人が多い世の中です学費が高くても目指したい医療系の仕事ブランクにも強く女性にも人気の薬剤師薬剤師の有資格者だけが登録できる求人サイトを活用しましょう

今は安定した仕事に就くということを望む人が多いものです。
毎日の生活で景気に左右されるような仕事であると、落ち着いた生活をしていくことが難しくなります。
誰もが仕事以外にも自分の生きがいを見つけて生活をしたいと感じたりすることでしょう。
20年以上前にバブルが崩壊してから、日本というのは景気の悪い時代が長く続きました。
現在、少しずつ回復傾向にあるといっても、それほど良い方向に進んでいるという実感がある人はほんのわずかでしょう。
大企業にいれば安定して生活をしていくことができると言われていたのは一昔前のことであって、より良い形で平穏に生活をするためには、資格を持ってそれを活かした仕事をしていくのが一番いいと考えたりする人も多いのです。
そこで多くの人が資格を取得しようと努力したりするようになっています。
ですから、普通に働いていたとしても年収アップなどを目的として転職をしようと考える人はそういったサイトや専門のコンサルタントを頼って転職活動をしたりすることもできるのです。
ですから、上手に情報化が進んでいる今ではサイト利用をしてみるといいでしょう。

薬剤師の求人に応募して年収がアップしました

初めて患者さんにありがとうと言われた時は、大変にうれしかったです。
その時には夢中でしたが患者さんのニーズを満たすことができたのかなと思い、うれしかったです。
特に医師に言えないことや薬のことでずっと悩まされていたことなど、そんな相談を患者さんからされて解決できたときは、薬剤師をしていてよかったと実感ができます。

中学校では野球部、高校ではサッカー部に所属していました。
これらの部活動でやればやっただけ報われる結果がついてくる、最後までやり遂げることの大切さが身について、今の仕事でも役に立っています。
薬剤師になろうと思ったのは親せきに医師や歯科医師がいたことから、医療関係の仕事に自然にひかれて薬科大学に進むことを決心しました。
薬剤師になりたての頃は医師の補助的な仕事でしかないと思っていました。
ですがこの職業でないとできない仕事がたくさんある本当に忙しいですが、今はやりがいがある日々を過ごしています。

この職業に就いた当初は、ドラッグストアで働いていました。
今でこそドラッグストアでの薬の販売は大切な仕事だと認識しています。
私が勤務していた時はまだテイッシュを積み上げたり、商品の発注のような仕事が中心で自分が考えている医療というイメージから遠いという思いがありました。
ですから転職を決意しました。
調剤を中心とする薬局が求人を出していたので、その薬局に応募しました。
そして合格して今はその薬局で働いています。
私の仕事は処方箋の調剤をして患者に薬を説明しながら渡すという仕事だけではありません。
会社の戦略本部で新しい薬局を開くための検討や、既存の薬局の売り上げや患者の動向などの現状の把握、
薬科大学の実習生の受け入れや研修会の企画や実行など、薬局現場で働くだけでなく会社の業務をスムーズに進めるためのいろいろな仕事を担当しています。
そもそもは独立を目指して入社した会社でしたが、入社してから10年も勤務しています。
親せきの医師が開業するときに独立の機会があったのですが、
ちょうど今の会社の仕事が薬剤師としても企画経営という意味でも広がりを感じてすごく面白くなってしまったので、
独立するのをやめてこの会社で仕事を続ける道を選びました。

私が違和感を覚えているのは、周りの人から先生と呼ばれていることです。
先生は医師だけで私は先生ではないのではと感じていました。
実力が伴っていないのに先生と呼ばれてしまうことが、大きなプレッシャーになっています。
先生と呼ばせないことも一つの方法ですが、いくら言っても呼ばれてしまう場面は避けられないとも実感しています。
やはり自分が力をつけて患者そして医療の役に立つようにならなければいけないと感じています。
先生という言葉に押しつぶされたくないと思って、いつも仕事と勉強に取り組んでいます。
特に医療の世界は日々進歩、薬も新しいものが出てきますし治療も変化します。
この職業は国家試験に合格するためにたくさん勉強しなければなりませんが、本当はなってからのほうが勉強は大切になってきます。

私の年収はこの会社に入った当初は500万円を少し超える程度のものでした。
経験を積んでいくうちにだんだんと年収も増え続けています。
この職業を目指す人も多くなってきていることで、今までのような年収の伸びが期待できるかというとちょっとだけ不安もあります。
今までは処方箋に書かれている医薬品を私たちが変更することはできませんでした。
今は処方箋に後発品に変更不可という医師のサインがなければ、私たちの判断で同じ成分の別の薬を患者に説明の上で変更することも可能になっています。
患者さんが選べる医療になってくるのは大歓迎ですが、選ぶためには情報提供やアドバイスが必要です。
私たちは患者さんの目線に立ってサポートしていける、より身近で信頼できる職業を目指しています。

薬剤師の職種による年収の違い